1. HOME
  2. 会則

会則

第 1 章 総則

(名称)

第 1 条
この地方会は日本核医学技術学会北陸地方会(以下、本会と記す)と称する。

(定義)

第 2 条
この会則は日本核医学技術学会(以下、学会と記す)会則第 4 条に基づいて設定するもので、本会の運営に関する必要な事項を定めるものとする。

(事務所)

第 3 条
本会の事務所は金沢大学医学部付属病院アイソトープ部に置く。

第 2 章 目的及び事業

(目的)

第 4 条
本会は本学会の目的趣旨に従い、核医学技術に関する研究ならびに交流を進め、もって核医学診療の発展に寄与すると共に、会員の資質向上ならびに相互の親睦を図ることを目的とする。

(事業)

第 5 条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  • (1)学術集会、講演会などの開催に関すること
  • (2)会員相互の親睦に関すること
  • (3)その他、本会の目的達成に必要な事業に関すること

第 3 章 会員

(会員の構成)

第 6 条
本会は次の会員をもって構成する。
  • (1)学会の会員であって、北陸各県(福井県、石川県、富山県)に勤務または居住する者
  • (2)本会の目的に賛同する者
  • (3)賛助会員(本会の目的に賛同し賛助金を納める個人または団体)

(入会)

第 7 条
本会に入会しようとする者は入会申込書に所定の事項を記入し本会に申し込むものとする。

(会費)

第 8 条
会員は会費を納めなければならない
2.
会費は別に定める。
第 9 条
会員の次のいずれかに該当したとき、その資格を失う。
  • (1)死亡したとき
  • (2)本会の趣旨に違反し、本会の名誉を著しく傷つける行為のあったとき

第 4 章 役員

(役員の種類)

第 10 条
本会に次の役員を置く。
  • (1)地方会会長 1 名
  • (2)理事 若干名
  • (3)監事 2 名

(役員の選任)

第 11 条
役員は総会で選出する。
2.
ただし、理事についてはその半数を地方会会長が会員より、これを指名することができる。
3.
地方会会長は会員の中から顧問を委嘱することができる。任期は、地方会会長の在任期間とする。

(役員の任期)

第 12 条
役員の任期は 2 年とし、再任を妨げない。

(役員の職務)

第 13 条
地方会会長は本会を代表し、会務を総括する。
2.
地方会会長は理事会にはかって、本会の運営に必要な委員会を設置し委員を委嘱することができる。
3.
地方会会長及び理事は理事会を構成し、本会の運営及び事業について審議し会務の執行に当たる。
4.
地方会会長に事故あるときは、代行者を理事より選ぶ。
5.
幹事は会務及び会計の監査を行う。

第 5 章 会議

(会議の種類)

第 14 条
本会の会議は総会及び理事会とする。
2.
総会は定期総会と臨時総会とする。

(会議の内容)

第 15 条
定期総会は年 1 回とし、地方会会長がこれを招集する。
2.
地方会会長は必要と認めたとき臨時総会を開くことができる。
3.
理事会は必要に応じて随時開くものとし、地方会会長がこれを招集する。
4.
顧問及び監事は理事会に出席して意見を述べることができる。
5.
顧問は会務の重要事項に関する諮問に答えるものとする。

(議決方法)

第 16 条
総会及び理事会の議事は出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長がこれを決する。ただし、会則の変更にあたっては第 20 条に従う。

第 6 章 会計

(経費)

第 17 条
本会の経費は会費、寄付金、その他の収入をもって充当する。

(予算及び決算)

第 18 条
本会の予算及び決算は総会の承認を得るものとする。

(会計年度)

第 19 条
本会の会計年度は毎年 7 月 1 日に始まり翌年 6 月 30 日に終わる。

第 7 章 会則の変更

第 20 条
会則の変更は理事会において出席者(委任状を含む)の 3 分の 2 以上の賛同を得て、総会の承認を得なければならない。

第 8 章 補足

(細則)

第 21 条
この会則の施行に必要な細則は別に定める。

付則

  1. この会則は平成 4 年 6 月 27 日より施行する。
  2. 平成 8 年 8 月 3 日、一部改訂。